【SEOアフィリエイト】独自ドメインで更新型のサイトを運営した結果…

こんにちは。
いきつけの美容室の予約が取れず、髪型が決まらないので今日の外出は控えようと思っている高松です。
#天パあるある

今日は独自ドメインで一つのサイトを運営してアフィリエイト報酬を獲得する方法を記載していきます。

独自ドメインでサイトを運営っていうのは、お名前ドットコムなどのドメインが購入できるサービスでドメインを取得し、
レンタルサーバーにドメインを登録してサイトを作っていく事ですね。

このチリ毛ブログももちろん独自ドメインを取得、エックスサーバーにアップしています。
(chirige.comが僕が取得した独自ドメインです)

まあ詳しくは「独自ドメイン ワードプレス」とかで検索してみてください。

今回は、実際にサイトを作ったあとにどうやってSEOで集客してアフィリエイト報酬を獲得していくかという事について説明していきますよー。

オウンドメディア全盛期、僕もその波に乗っていった結果…

welq事件が起きる前はキュレーションサイトが流行りまくってましたが、最近はめっきり見なくなりましたね。

このキュレーションサイトの問題点は、他人の記事コンテンツを引用しまくって、自分のサイトのコンテンツにしていた点。
ウチのサイトももちろん引用という名のパクリをされました。
(めんどくさかったので特に文句は言わなかったですけど)

ある時このキュレーションサイトの運営形式が世間的に問題視され、グーグルも「サイト全体の専門性とテーマが特化している媒体を評価する」として、SEOのアルゴリズムを変更しました。

つまり、キュレーションサイトの「サイトのテーマを明確に決めず、他人のコンテンツで形成されているサイト」はSEOでは評価しませんよ、というルールにしたのです。

そんなこんなでwelq事件後はあれだけたくさんあったキュレーションサイトもどんどん見なくなってきて、今はジャンルに特化したサイトがSEOで上位表示されやすくなっている感覚があります。

商標ワードでいうと、「〇〇シャンプーの口コミは?実際に効果を調べてみました!」とサイトタイトルに商品名を入れた、「商標ワード特化型」のサイトが上位にきやすくなっていますね。

(※2018年10月現在のSEOトレンドです)

無料ブログを使った商品名キーワードのSEOアフィリエイトを卒業した後は、
中古ドメインを取得してシリウスやワードプレスで商品名キーワードのSEO対策をしていました。

その後、「中古ドメインの管理めんどくせえ!!!」と大量のドメインの管理に嫌気がさし、持っていた大量の中古ドメインのサイトをほぼ放置。
(そしてそのうちドメインの更新を忘れ、サイトが消滅…汗)

そんなこんなで、被リンクに頼らないホワイトハットのサイトを長期で運営する方向性に舵を切り、

ジャンルをある程度絞った更新型ののサイトを作りました。

ここで大事なのは商品名のキーワードはサイトのタイトルには含めないという事。

例えば、美容系ジャンルのアフィリエイト案件を攻めるとしたら、
「キレイナビ」とか「メロディア」といったテーマに合ったサイト名にするんです。

こうしたサイトタイトルにしておくことで、美容系全般の情報を扱えるようになる為、記事の更新がのちのち楽になっていきます。
商品名キーワードって、更新型のサイトにしていくとどうしてもキーワードの広がりがないから、キーワード選定が苦しくなってくるんですよね。

だって、
〇〇シミコスメの副作用とは?
〇〇シミコスメの販売店を調べてみた!

とか商品名+複合ワードメインでしか記事を更新していくことができないし、仮にシミというジャンルの一般キーワードで記事を更新していくにしても、あくまでシミというジャンルまでしかサイトのテーマを広げられないので、更新型のサイトを運営していく上ではどんなテーマにも横展開が出来るサイトタイトルにしておいた方が良いです。
(とはいえ女性美容系、男性用ヘアケアというふうにある程度はサイトテーマは絞った方が良いですが)

とにかく新商品の記事をどんどん追加していく!

では記事の更新について次は説明していきます。
更新する記事は、もちろん商品名。

できれば商品名単体で上位表示できたらアツいのですが、特に最初サイトを立ち上げた時はそんな上手くは行かないので
商品名 複合ワードでキーワード選定して記事を作っていきます。

記事の文字数は、すでに上位表示しているライバルの状況にもよりますが、すでにライバルがいる場合は、そのライバルサイトよりも文字数を多めに書く事を意識します。

僕の場合は8.000文字以上書くように外注さんにお願いしていました。

キーワードの選定基準について、この記事で詳しく解説しています。
→キーワード選定はライバルを見て決めろ!需要と供給のバランスが大事

でも、8,000文字ものサイトを作成するのってめっちゃ大変だよ!
って思う方も多いのではないでしょうか。

はいごもっとも。
僕も8,000なんて文字数の記事書くのなんてしんどくてできません。ましてや商品の紹介についての記事なんてね…

ホント、ライターの方々には頭上がりません。

でも僕も鬼じゃないので、この商品名ワードの記事を依頼する際には、構成のテンプレートを作ってあげています。

あ、この記事テンプレート欲しい人は僕のツイッターまでメッセください。
そんな出し惜しみするほどのものではないですが、とはいえこのテンプレートをフル活用して月数百万円のアフィリエイト報酬を獲得したのは事実ですので(^^)

狙っている案件のジャンルで一般ワードの記事も追加!

更新型のサイトは、バックリンクは使わずに完全にホワイトハットでやっていました。
ドメインの管理も大変だし、コツコツ更新しているサイトが飛ばされてるのは嫌だったので。

更新型のサイトを運営するにあたって、商品名キーワードの記事ばかりだと記事の量産は大変だし。サイトの見栄えも悪いので、
商品名以外のキーワードの記事も更新していきます。

例えば、シミコスメの商品の記事を書いたら、
「シミ ハイドロキノン 効果」

といったキーワードで記事を作ります。
ここで注意してほしいのが、ライバルチェックをしっかりした上で、なるべくライバルがいない、もしくは弱いキーワードを選ぶ事。

シミ 化粧品
シミ 消し方

とかのキーワードなどは、記事を作ってもサイトが弱い状態だったらまず上位表示できないしアクセスは全く来ないでしょう。

なので、
シミ 出産後
などの少しニッチでライバルが少なそうなワードを選びます。

こうして商品名だけでなく、そのジャンルに関連するキーワードの記事を作っておく事で、

「このサイトは、シミに関する情報を総合的にまとめてユーザーに提供しているサイト」

としてグーグルから評価され、シミ関連のキーワードで全体的に評価されるので、結果的に商品名キーワードの記事にとっても良い影響を及ぼすのです。

こんな感じでどんどん新商品の記事を作成し、その商品に関連するテーマでも記事を書いていく事で、どんどんとサイトが強化されていくのです!

まとめ

・アフィリエイトの新規案件を選定
・サイト立ち上げ当初は商品名+複合ワードで記事を作っていく
・商品ジャンルの一般ワードでも記事を作っていく
・繰り返していきどんどん記事を更新

流れをまとめると、非常にシンプルですね。
そうです、SEOのアフィリエイトってめちゃくちゃやる事シンプルなんです。
あとはいかに継続できるかどうか。やり方がズレてなけれは、後は継続さえすれば間違いなくアフィリエイト報酬はついてきます!

なので辛抱強く頑張る人が勝つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社きりある代表取締役。SEOアフィリエイトを副業からスタートし、2016年に法人化。今ではPPC、SEOアフィリエイトで年間3億の売上を上げる会社に成長。 天然パーマがコンプレックスな事から、天パの人に向けたヘアケアブランドをネット通販で展開。